01-105.信用調査員

人の役に立つ仕事がしたい

依頼を受けて、人物や企業が信用できるかどうかを調査する仕事です。信用調査は、個人の信用を調査するものと、企業や団体の信用を調査するものの2つに大きく分けられます。

個人の信用調査は、結婚相手が信用できる人物かどうかを調べる場合や、企業が新しく人を雇うときに、その人物が信用できる人物かどうかを調査する場合などに依頼されます。信用調査員は、依頼を受けて調査対象となる人物の住まいの近隣の人たちや調査対象者の以前の勤務先などに聞き込み調査を行いながら情報を集めます。

企業や団体の信用調査は、ある企業と新しく取引を始めようとするときや、ある団体に新しく加盟しようというときに、その企業や団体が信用できるかどうかを事前に調査する場合に依頼されます。企業や団体の実態や財務状況などを、聞き込みや特殊ルートの情報を活用して調べ上げます。

信用調査員になるためには、信用調査会社に就職します。個人の信用調査を行う会社や企業の信用調査を専門に行う会社など、会社によって専門分野を持っていることが多いです。

POINT

  • 個人や企業の信用度を調査する
  • 信用調査会社に就職する
  • 信用調査会社によって専門分野がある

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP