02-08.幼児リトミック指導員

人を育てる仕事がしたい

音楽のリズムに合わせて体を動かす教育方法(リトミック)を用いて、幼児の感性や能力を伸ばす指導を行う仕事です。幼児リトミックの講座を持つカルチャースクールや幼児教室で、インストラクターとして幼児にリトミックを指導します。

ピアノの伴奏や歌のリズムを聴き、そのリズムを全身で表現するように幼児を指導します。この訓練により、子どものリズム感や想像力・表現力・集中力・運動能力が高まるとされています。

幼児リトミック指導員の資格は複数あります。有名なものには、日本で初めて幼児リトミック指導員の養成を始めた国立音楽院の認定資格があります。国立音楽院に入学し、2年間、指定の科目を履修すると資格を取得できます。その他にも、民間の学校やカルチャーセンターがリトミック指導員を養成する講座を開いています。

幼児と接するのが好きな人に向いています。また、音楽やバレエ、ダンスの経験がある人は有利でしょう。

POINT

  • 音楽のリズムで子どもの感性や能力を伸ばす
  • カルチャースクールや幼児教室で幼児を指導する
  • 取得すると有利な資格・免許あり

人を育てる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP