02-09.幼児教材の開発者

人を育てる仕事がしたい

幼児教育を目的とした絵本・おもちゃ・DVDなどの教材を開発します。

幼児教材には「ひらがな・カタカナ」「数と数字」「ぬりえ」「お絵かき帳」「まちがい探し」「めいろ」「絵カード」などの知能を高める教材と、トイレや歯みがきなどの生活習慣を身につけるための教材があります。

幼児教材の開発者は、まず、どのような教育効果を目的とし、その目的を達成するためにどのような遊びの要素と特徴を持たせた教材を開発したらよいかを考えます。この作業を「企画」といいます。企画では、これまで出版されてきた幼児教材を調査し、他の教材よりすぐれたものを目指します。企画を考案したら、大学教授などの幼児教育の専門家に協力を依頼し、教育効果として裏づけのある教材になるように教材を作りあげていきます。

幼児教材の開発者になるためには、幼児教材を製作している会社や、幼児教育を行っている会社に就職します。大学で発達心理学など幼児教育の学問を専攻するとよいでしょう。

POINT

  • 幼児教育を目的とした教材を開発する
  • 幼児教材を製作する幼児教育関連の会社に就職する

人を育てる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP