01-12.医療コンサルタント

人の役に立つ仕事がしたい

病院の経営や安全管理に関してアドバイスをするコンサルタントです。経営不安を持つ病院などから依頼を受けて、経営分析や経営戦略の提案などを行います。

多くの場合、まずはコンサルタントが現在の病院の経営状態について問題や課題を診断します。そして、発見された経営課題を解決するための方法を提案します。病院の経営資金のやりくりなどを支援する経営管理や、中長期的な経営ビジョンを策定する経営戦略の面でコンサルティングをすることもあります。介護分野などニーズが高まる新事業を展開するために支援を行うこともあります。

病院スタッフの仕事の効率化を図る業務改善や医療ミスを減らして安全性を高めるための助言、患者へのサービス向上の支援なども医療コンサルタントの重要な役割です。

医療コンサルタントになるためには、経営コンサルタント会社に就職します。看護師・臨床検査技師・医薬情報担当者(MR)などとして医療現場を知っておくと有利です。多様化する医療や介護の分野をリードしていく仕事といえるでしょう。

POINT

  • 病院の経営や安全管理についてアドバイスをする
  • 経営コンサルタント会社に就職する
  • 医療現場を知っておくと有利

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP