02-22.スポーツインストラクター

人を育てる仕事がしたい

スポーツジムやスポーツ教室などで、利用者が安全にスポーツを楽しみ、技術を向上できるように指導を行う仕事です。スポーツインストラクターは、それぞれ自分の得意分野を活かして仕事をしています。フィットネスクラブなどでエアロビクスの指導やエクササイズマシンの使い方を教えるインストラクター・スイミング教室やテニス教室のインストラクター・スキーのインストラクターなどがいます。

いずれも、生徒のレベルに合わせて練習プランを考え、指導を行います。事故や怪我が起きないように見守ることも重要な役割です。さらには、スポーツを趣味として取り組む人たちが楽しみながら技術を向上できるように指導するための創意工夫やコミュニケーション能力も必要です。

スポーツインストラクターになるためにはスポーツ系専門学校や体育大学で指導に必要な知識や技術を学びます。在学中に各スポーツの指導員資格を取得し、インストラクターのアルバイトをするとよいでしょう。就職先はスポーツジムやスポーツ教室・インストラクターの派遣会社などです。

POINT

  • スポーツ教室でスポーツの指導を行う
  • スポーツ系専門学校や体育大学に進学すると有利
  • 取得すると有利な資格・免許あり

人を育てる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP