01-13.診療情報管理士

人の役に立つ仕事がしたい

病院で医師が記録する診療録(カルテ)を管理する仕事です。医師が記録したカルテに記入ミスや記入漏れがないかを確認し、間違いや漏れがあれば医師に訂正を依頼します。病名には世界標準の英数字コードがあるため、診療情報管理士がそのコードに書き換えてデータベース化します。必要なときにすぐカルテの情報を参照できるように、紙のカルテと情報のデータベースを管理・運用していきます。医師や看護師からカルテの情報を求められると、紙のカルテを提供したり、データベースの中から必要な情報を検索します。

近年、患者へのカルテ情報の開示や、病院間の連携が進められているため、診療情報管理士による診療記録の管理・運用がますます重要となっています。

診療情報管理士は、四病院団体協議会と医療研修推進財団が認定している民間資格です。日本病院会が設ける診療情報管理士通信教育を受講するか、指定の大学または専門学校で必須科目を履修することで受験資格を得て、試験に合格する必要があります。資格取得後は、病院や診療所で勤務します。

POINT

  • 日本病院会が設ける通信教育を受講するか、指定の大学か専門学校で必須科目を履修する
  • 診療情報管理士の資格試験に合格する

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP