03-08.政党職員

社会の仕組み・秩序に関わる仕事がしたい

自由民主党や民主党などの政党で働く職員です。政党の運営に関わる様々な仕事をこなします。人件費や交通費・助成金や寄付金などのお金を管理する仕事から、政治集会の場所や時間を調整する仕事、政党の広報活動や選挙対策に至るまで、仕事の内容は多岐にわたります。

それらの中でも、経理など、政治とは直接関わりのない事務は総務と呼ばれ、政治に直接関わる仕事は政務とも呼ばれます。政務の仕事には、議員の勉強会を主催したり、議員の政治活動をサポートしたりすることなどが含まれます。

政党職員になるためには、政党の職員募集に応募して採用されなければなりません。特定の政党の職員になるためには、その政党の政治理念に共感していることが前提になるので、あらかじめ党の基本理念や政治の仕組みをよく理解しておく必要があります。

まずは社会科をよく勉強し、日常的に政治・外交や時事問題に関心を持ち、政治の世界への理解を深めましょう。大学では政治や法律を学べる学部に進むとよいでしょう。

POINT

  • 政党の運営に携わる
  • 政治・外交や時事問題などの知識が必要
  • 政党職員から国会議員になる道もある

社会の仕組み・秩序に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP