03-11.警察官

地域をパトロールして住民の安全を守り、維持する仕

社会の仕組み・秩序に関わる仕事がしたい

こんな人に
オススメ!
  • 心身共にタフな人
  • 自己管理を徹底できる人
  • 住民を守る強い使命感のある人

1.警察官の仕事とは?

警察官とは、窃盗や殺人・詐欺・組織犯罪などから住民を守り、住民が安全な生活を送れるよう地域の保安に努める公務員です。

警察官は配属先によって役割分担がはっきりしています。私たちに最も身近な存在である交番や駐在所勤務の警察官は、地域課に所属しています。管内のパトロールの他、遺失・拾得届の受理、交通案内、各家庭や企業を訪問し防犯活動を行うなど、住民と接する仕事が中心です。また、事件や事故があった場合は、現場へ駆けつけ、救助活動や現場保存、犯人確保などの初動捜査に携わります。

様々な事件を捜査するのは刑事課の仕事です。殺人・詐欺・組織犯罪対策など、犯罪の種類別に専門部署が分かれています。また、最近では女性専門の窓口を設置してストーカー対策やDV(ドメスティックバイオレンス)対策、また急増しているインターネット犯罪の取り締まりにも乗り出しています。

犯罪の現場で指紋や遺留物などの証拠品を集め、分析を重ねながら犯人特定の手がかりを探るのは鑑識課の仕事です。また、鑑識作業の精度を高めるべく、日夜研究を続ける専門の職員もいます。

他にも、交通違反や交通犯罪を取り締まる警察官、イベントやデモ活動の際に活動する機動隊を含む警備警察など様々な専門部署や、人事管理や広報活動、資料管理を担う部署もあり、それらすべてが警察官としての活動領域となります。

2.警察官の役割・資質とは?

警察官の仕事には、立番やパトロール、被疑者(犯人)の追跡といった体力勝負の側面と、凄惨な事故や長期の捜査などにも向き合える心の強さが必要です。心身共にタフであること、環境にとらわれず自己管理を徹底できることが求められます。スポーツなどで厳しく鍛錬した経験を活かせる仕事といえるでしょう。

また、地域の住民と接する機会が非常に多いため、社交性やコミュニケーション力も求められます。

何より、周囲の人を守りたいという純粋な気持ちや強い使命感を持っていることが大切です。

3.警察官になるためには?

警察官になるためには、各都道府県の警察官採用試験を受け、合格する必要があります。

採用試験は高校卒業相当以上で、学力や年齢・身体的要件が種別によって異なります。詳細はホームページや募集要項などで確認してください。

試験には筆記(教養・論〈作〉文・国語)試験、身体検査、適性検査、面接、体力検査などがあり、都道府県ごとに実施方法が定められています。

採用試験に合格すると採用となり、警察学校へ入学します。警察学校は全寮制で、採用種別により6カ月または 10 カ 月の間、警察実務に必要な研修を受けます。研修内容は一般教養にはじまり、憲法・刑法といった法規、捜査・交通などの実務の他、柔道・剣道・逮捕術・救急法など多岐にわたります。

警察学校修了前には、卒業試験として筆記試験・口述試験・実技試験・柔道や剣道などの段位認定試験も課されます。これらの課程を修了後、初めて警察署の各部署へと配属(卒業配置)されます。

配属後は職場実習生として数カ月間の実務研修後、本格的な勤務がスタートします。

POINT

  • 心身共にタフで、十分な自己 管理能力が必要
  • 配属部署によって、役割が大 きく異なる
  • 全寮制の警察学校で徹底的に 訓練を受けてから配属される

関連情報

●警察学校(警視庁)

警察学校の歴史や学校案内・年中行事・ 学校の1日など、様々な情報を掲載して いる

オススメの1冊

『なる本警察官』(公務員採用試験研究会 著/週刊住宅新聞社)

警察官採用試験の対策について紹介。警 察という独自の世界もわかりやすく解 説している

警視庁(東京都)の場合、初任給は およそ20万8千円~24万7千円 (採用種別によって異なる)である

社会の仕組み・秩序に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP