01-15.薬事監視員

人の役に立つ仕事がしたい

医薬品の製造や販売を行っている会社を監視します。医薬品の製造所などを立ち入り検査し、医薬品の製造工程や管理方法が適切かどうか、不良な医薬品がないかどうかや、医薬品の不正表示が行われていないかなどを検査します。

承認内容と異なる医薬品・異物が混入している医薬品、内容物が変質している医薬品などが見つかった場合は、不良な医薬品を回収し、改善指導を行います。

また、パンフレットやインターネットの記述など、医薬品を販売するための広告に虚偽や誇大な宣伝がないかを監視するのも、薬事監視員の仕事です。

薬事監視員は、国家公務員か地方公務員の中から選ばれます。また、薬事監視員の多くは薬剤師の資格を持っています。したがって、薬事監視員になるためには大学の薬学部を卒業して薬剤師の国家試験に合格し、国家公務員か各都道府県の公務員試験に合格する必要があります。公務員試験に合格後は、厚生労働省医薬食品局や保健所衛生局などに配属されます。

POINT

  • 医薬品の製造・販売を監視する
  • 国家公務員か地方公務員の中から任命される
  • 取得すると有利な資格・免許あり

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP