01-16.理学療法士(PT)

人の役に立つ仕事がしたい

身体の機能に障がいが生じた人のために、リハビリテーションの指導を行う職業です。対象となるのは、病気の後遺症や事故・老化などで脚や腕などが動かなくなったり、筋肉が衰えてしまい、日常生活の動作ができなくなった人たちです。

理学療法士は、リハビリテーションの知識をもとに、身体の動きが不自由な人に歩行訓練や関節を動かす訓練・筋力トレーニングなどの指導を行います。

患者に体の動かし方や運動を指導する運動療法を用いることもあれば、医療機器を用いて電気刺激や温熱刺激を与えることもあります。

身体を自由に動かすことのできない患者の気持ちに寄り添ってリハビリテーションを進めることが必要なため、患者を励まして元気づける思いやりとコミュニケーション能力が求められます

理学療法士は国家資格です。文部科学省指定の大学・短大や厚生労働省認定の専門学校を卒業すると受験資格が得られます。国家試験に合格後は、病院などの医療施設で働きます。

POINT

  • 思いやりとコミュニケーション力が大事
  • 指定の大学・短大や専門学校を卒業し、国家試験に合格する

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP