04-09.社会保険労務士

お金にまつわる仕事がしたい

労働者が安心して働けるようにサポートする仕事です。企業では働く従業員のための様々な規則や書類があります。例えば、休みの日数などの労働条件を定めた就業規則・給料についてまとめた賃金規定・病院にかかるときに必要な健康保険・社員が将来受け取る厚生年金に関する書類などです。社会保険労務士は、こうした書類を作成し、ルールについて社員に説明します。たくさんの法律や書類を扱う仕事ですから、仕事には根気や丁寧さが求められます。

従業員が病気をしたり、事故にあったり、出産して会社を休んだりする際には、社会保険労務士が相談に乗り、必要な手続をします。社会保険労務士は制度や手続の面から従業員の働く環境をサポートするのです。

社会保険労務士は国家資格です。社会保険労務士になるためには大学・短大・専門学校を卒業するか、高校を卒業して3年以上の実務を経験後、国家試験に合格する必要があります。資格取得後は、自分が働く会社の中で社会保険労務士として活躍する人もいれば、独立して開業する人もいます。

POINT

  • 従業員が安心して働けるようにサポートする
  • たくさんの法律や書類を扱う
  • 社会保険労務士の国家資格を取得する

お金にまつわる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP