04-10.信用金庫職員

お金にまつわる仕事がしたい

信用金庫は地域のための金融機関です。信用金庫職員とは、地域の企業や人々から預かったお金を、地域の会社や工場・商店などに貸して、地域の活性化に貢献する仕事です。

信用金庫の取り扱う仕事は様々です。地域の会社やお店を訪ねて相談に乗り、お金のやりくりをアドバイスする営業職・口座の開設や融資の申し込みなどに対応する窓口業務・信用金庫をたくさんの人に活用してもらうために商品やサービスを考える企画業務などです。

信用金庫は地域密着型なので、「ずっとこの地域で暮らしていきたい」という人におすすめの仕事の1つです。地域のお金を地域のために活かす仕事は、健全な経済活動に貢献する大変やりがいのあるものです。もちろん、お金を扱う仕事ですから、責任感と丁寧な仕事が求められます。

信用金庫で働くために特別な資格は必要ありません。大学や高校を卒業して、採用試験に応募します。採用されると、新入職員研修で金融業務の基礎を学び、実際の仕事を通じて地域の経済を勉強していくことになります。

POINT

  • 信用金庫は地域のための金融機関
  • 地域の経済の活性化に貢献する
  • 地元で暮らしていきたい人に向いている

お金にまつわる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP