04-17.保険外交員

お金にまつわる仕事がしたい

保険会社に勤め、会社や家庭を訪問して保険商品を販売する仕事です。保険は、将来起こるかもしれない病気や事故の備えとして、保険の契約者が保険会社に掛け金を支払い、病気や事故のときに保険会社から保険金の支給を受ける仕組みです。保険外交員は顧客の健康状態や経済状況・家族構成・人生設計などについてしっかりと把握し、顧客に最も役立つ保険商品を選んで提案します。保険に加入する際には書類作成などの手続を行います。保険会社の窓口として顧客の相談に乗ることもあります。また、加入者の経済状況や家族構成の変化などにより、契約内容の変更を行うこともあります。

保険商品には様々な種類があり、新しい商品も次々と販売されています。保険外交員は、顧客の希望に合わせた商品を提案するため、保険に関する最新の情報を知っておく必要があります。また、保険の内容をわかりやすく説明するためのコミュニケーション能力や、信頼される誠実さも求められます。

保険外交員になるためには、まず保険会社に就職します。就職後に研修を受け試験に合格すれば保険外交員となります。

POINT

  • 会社や家庭を訪問して保険商品を販売する
  • 顧客の立場から商品を提案する誠実さが大切
  • 保険会社に就職し、研修を受け、試験に合格する

お金にまつわる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP