ツアーコンダクター

気配りと段取りで旅行者の快適な旅をサポートする

旅行・ホテル・旅館に関する仕事

こんな人に
オススメ!
  • 気配りができ、頼りにされる人
  • 旅行好きで好奇心旺盛な人
  • コミュニケーション力に自信がある人

1.ツアーコンダクターの仕事とは?

ツアーコンダクターは、国内外のツアー旅行に同行して、スムーズで快適な旅ができるように取り計らう仕事です。添乗員とも呼ばれます。

旅行会社では、おもに次のような旅行商品を販売しています。

①修学旅行のように旅行する人(団体)から依頼を受けて旅の手配を行うもの。

②旅行会社が企画して参加者を募集するパッケージツアー(パック旅行)。

旅行の内容によってはツアーコンダクターが同行します。旅行の添乗を行うには「旅程管理主任者」の資格が必要です。ツアーコンダクターとガイドとの違いは、ガイドが旅先の観光事情に特化して案内サービスを行うのに対して、ツアーコンダクターは出発から帰着まで旅全体をサポートするということです。

就業形態は、派遣社員として働くことが最も多くなっています。おもにガイドや添乗員を派遣する旅行専門の派遣会社に登録し、旅行会社から依頼を受け、各ツアーに添乗します。登山技術や特定の地域の事情に詳しいなど、専門スキルがある優秀なツアーコンダクターは、旅行会社と直接契約して働くこともあります。また、旅行会社の正社員として普段は旅行会社の業務を行い、必要に応じてツアーの添乗をするというケースもあります。

2.ツアーコンダクターの役割・資質とは?

ツアーは安全で快適な旅ができることが前提です。年齢も背景も様々な参加者をまとめ、長いときには1カ月近くに及ぶツアーを引率するツアーコンダクターは、人当たりが良く信頼される人物であることが基本といえるでしょう。

ツアーコンダクターには、旅のスケジュールが順調に進むよう管理する役割と、参加者それぞれが楽しめる旅行になるよう演出するサービス業としての役割があります。

旅程の管理者としては、常に先々の行程を予想して細かな段取りを行い、いざという事態が起こったときには冷静に対処できる能力が求められます。海外旅行の添乗では確かな語学力も欠かせません。

また、赤ちゃんからお年寄りまで、ツアーに参加する旅行者は実に様々です。参加者の好みや要望に応じたケアや、おすすめスポットの紹介など、細やかな心配りとおもてなしの心(ホスピタリティ)が求められます。

3.ツアーコンダクターになるためには?

おもたる添乗員としてツアーに同行する場合は、観光庁の認定する「旅程管理主任者」の資格が必要です。国内外の旅行に添乗できる「総合旅程管理主任者」と、国内旅行のみに添乗できる「国内旅程管理主任者」の2種類があります。

資格を取得するためには、まず旅行サービスの専門学校や日本添乗サービス協会(TCSA)をはじめとする観光庁登録団体で研修を受け、旅程管理や旅行に関する法令を学びます。次に求められるのは実務経験です。実際のツアーに補佐として参加し、実地研修を行う場合もあります。これらによって「旅程管理業務を行う主任者証」が発行され、添乗の際にはこれを携帯することが義務づけられています。

ツアーコンダクターとして働きたい場合には、旅行サービスの専門学校で学んで資格を取り、添乗員派遣会社に登録して実績を積み重ねていくのが一般的です。国内海外を問わず、各地の地理や歴史、現状などを幅広く把握しておきましょう。

POINT

  • 旅行者のスムーズで快適な旅をサポートする
  • ツアー参加者を楽しませるホスピタリティが必要
  • 添乗員としてツアーに同行するためには資格が必要

関連情報

●日本添乗サービス協会HPツアーコンダクターになりたい人のための職業紹介ページもある。資格を取得するための研修情報も充実

オススメの1冊

『地球まるごと私の仕事場!』(芦原伸監修/枻出版社)ベテランツアーコンダクター20人へのインタビューで構成された添乗体験記

細やかな心配りが求められるツアーコンダクターの現場では、数多くの女性が活躍している

INTERVIEW

現役のツアーコンダクターに聞きました

株式会社TEI

白川 みなみさん

PROFILE

しらかわ みなみ
JTBトラベルカレッジ国際旅行ビジネス科卒業

 素敵な笑顔と、はきはきした話しぶりが印象的な白川さんは、添乗員などの人材派遣を行う株式会社TEIに所属し、ツアーコンダクターとして多忙な日々を送っています。
 お仕事についてうかがう中で、ツアーコンダクターに必要とされるものが見えてきました。

1

お仕事の内容は?

海外旅行と国内旅行の両方の添乗をして6年になります。仕事の依頼を受けてまず行うのは、詳細な下調べと現地への連絡です。ガイドブックと地図をじっくりと読み込み、インターネットも使って、旅を具体的にイメージできるようたくさんの情報を集めます。
利用する施設やガイドさんとも連絡を取り合い、ルートの詳細について検討しておきます。例えば休憩間隔が長くなってしまうところでは、どこでお手洗いを確保するかなど、あらかじめ把握しておくのが大切です。出発前日までには参加者の皆様にお電話をして、質問にお答えし、またご要望をお聞きし、確認しておきます。
ツアーの間は、旅行の日程がスムーズに進むよう気を配ります。訪問施設には予約を確かめる電話を入れ、集合場所には早く入ってお客様を出迎えます。チケットや荷物の管理も大切なお仕事です。荷物が増えると動きが取りにくくなるので、ツアーコンダクターは自分の荷物を小さくまとめるのがうまくなるんですよ。
仕事の中でも一番大切なのは事前確認です。色々な可能性を考えて準備しておくこと、予定どおり進められるか自分で確かめておくこと。常に先へ先へと想像力を働かせておくことが必要だと思います。

2

このお仕事の醍醐味は?

お客様の感動や驚きに触れられることが、一番のやりがいです。例えば、満開の桜を見て夢中で写真を撮っておられたお客様から「ずっと来たいと思っていた場所に来られて幸せです」というお言葉を頂戴すると、この仕事を続けていてよかった! と強く感じます。ツアーを通して、長時間を一緒に過ごしますので、お客様のお気持ちが自分のことのように感じられるのかもしれません。
私たちツアーコンダクターにとっては何度も訪れる場所でも、お客様には一生に一度の訪問になるかもしれません。その感動を演出できるのは、この仕事ならではの喜びですね。

3

ツアーコンダクターを目指す人にアドバイス

この仕事で大切なのは、接客ができること・常に勉強すること・あらゆることに備える心構えの3つだと思います。笑顔でいられるか、礼儀正しい態度が取れるかというのは前提条件ですね。お客様に気持ちよく過ごしてもらえるよう、言葉づかいもきちんとマスターしておく必要があるでしょう。次に、勉強は観光情報だけに限りません。幅広い知識を身につけてほしいと思います。ニュースを頭に入れておくことは旅行だけでなく接客面でも役に立ちます。日頃から色々なことに興味を持ち、気づいたことや感じたことをメモしておくとよいでしょう。
最後に、ツアーを率いる立場として、あらゆる場面を想定して備えておくことが肝心です。段取りと準備ができていれば、どんな事態にも対応することができると思います。

ある日のしらかわさん

  

6:40

朝食会場の確認、朝食

8:00

集合を確認し、バスで市内観光へ

12:00

レストランに到着、昼食

17:30

ホテルに到着、部屋の案内

17:40

夕食会場を確認、夕食

19:00

自由時間に外出する人に店の
場所などを案内

19:15

運転手・ガイドと明日の予定
を打ち合わせ

21:00

全員の戻りを確認し、明日の準備を済ませて就寝

旅行・ホテル・旅館に関する仕事一覧に戻る

PAGETOP