06-07.ペットシッター

自然・動植物に関わる仕事がしたい

飼い主が旅行や出張で留守にしている期間、飼い主の自宅に出向いてペットの世話をする仕事です。飼い主がいない間、ペットがストレスを感じないように、エサを与え、散歩に連れ出し、トイレ掃除をし、遊び相手になります。

ペットの生活を普段の状態に保つことが重要なため、エサの種類・散歩の時間とコース・部屋の温度などを事前に飼い主から聞いておく必要があります。また、病気の有無やかかりつけの獣医の連絡先なども確認します。飼い主宅の訪問は1回につき1時間程度で、1日に数件の家を回ります。特に、お盆や年末年始などの休暇に依頼が集中します。

ペットシッターになるためには、専門学校や民間団体が実施している養成講座を受講して必要な知識を得るか、愛玩動物飼養管理士やペットシッター士という民間資格を取得するなどの道があります。講座を修了したり民間資格を取得したあと、ペットシッターの派遣会社やペットホテルに登録するのが一般的ですが、経験を積んでから個人で開業する人もいます。

POINT

  • 飼い主が留守の間、ペットの世話をする仕事
  • ペットシッターの派遣会社などに登録する
  • 取得すると有利な資格・免許あり

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP