06-10.動物看護師

自然・動植物に関わる仕事がしたい

獣医師の指示のもと、動物の診療と治療の補助をする仕事です。

診療や治療がしやすいように動物の体を押さえ、手術の準備や医療器具の消毒を行います。入院している動物に薬を飲ませ、エサを与え、体調記録をつけるなどの健康管理も担当します。動物を観察して気づいた異変や飼い主から聞いた情報を獣医師に伝えるのも、動物看護師の役割です。さらに、動物病院の受付・掃除・薬品や医療機器の発注なども担当しており、獣医師のパートナーとして、動物の診療・治療から病院経営に至るまですべてをサポートします。

動物看護師になるためには、養成コースのある専門学校で学ぶ必要があります。専門学校を卒業し、複数の団体が認定している資格を取得して、動物病院に就職します。医療関係か動物関係の実務経験があると有利です。なお、動物看護師統一認定機構が、2012年度より「認定動物看護師」と呼ばれる公的資格試験を実施し始めました。詳細についてはインターネットなどで最新情報を収集するようにしてください。

POINT

  • 動物病院で動物の診療・治療の補助をする
  • 動物病院の様々な運営業務も行う
  • 取得すると有利な資格・免許あり

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP