06-13.ペットロスカウンセラー

自然・動植物に関わる仕事がしたい

ペットを失い心が不安定になっている人に、カウンセリングを施し、喪失感からの回復を手助けする仕事です。

ペットが失踪したり死んだりしていなくなると、飼い主は悲嘆にくれます。中には、絶望し、罪悪感を抱き、うつ状態になる人もいるといわれています。ペットロスカウンセラーのほとんどは、獣医師などの動物の専門家か、心理カウンセラーなどの心理学の専門家で、兼業やボランティアでカウンセリングを行っています。

ペットロスカウンセリングの基礎を学ぶ場としては、日本ペットロス協会主催のペットロス・パラカウンセラー養成講座があり、ペットロスカウンセリングに関心がある獣医師やカウンセラーなどが受講しています。受講を修了すると、協会が認定する資格を取得できます。

ペットロスカウンセリングも、理論や技法の基本は心理学・精神医学のカウンセリングと同じです。ペットロスカウンセリングに関心のある人は、大学の医療系の学部や心理学科に進み、カウンセリングを学ぶとよいでしょう。

POINT

  • 獣医師や心理カウンセラーが兼業やボランティアで行っていることが多い
  • 取得すると有利な資格・免許あり

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP