06-18.ハンドラー

自然・動植物に関わる仕事がしたい

ドッグショーで犬をハンドリングする仕事です。ドッグショーでは、犬種ごとに、犬の毛並み・スタイル・歩き方などが審査され、すぐれている犬が入賞します。ハンドラーは、自分がリード(引き紐)を引く犬が、犬種の理想の姿に見えるようにリードを操り、犬の魅力を引き出して入賞を目指します。

普段は、ドッグショーに向けて犬に歩き方などのトレーニングを施します。犬をより魅力的に見せるために、トリミングやブラッシング・健康管理も行います。

ハンドラーになるためには、プロのハンドラーに弟子入りするのが一般的な方法として知られています。ただし、犬の飼養などに関する基礎知識は持っておいた方がよいでしょう。ハンドラーとして活動するために資格は必要ありませんが、ジャパンケネルクラブが認定しているハンドラーの民間資格があります。

ドッグショーで自分の飼い犬をハンドリングし、その技術が見込まれれば、他の人の犬のハンドリングを依頼されることもあります。

POINT

  • ドッグショーで犬を魅力的に見せる
  • トリミングや健康管理も行う
  • プロのハンドラーに弟子入りするのが一般的

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP