01-21.臨床工学技士

人の役に立つ仕事がしたい

病院で、患者さんの生命を維持する装置を操作する職業です。医療機器の操作と保守・点検を通じて人の生命を守ります。

臨床工学技士が操作するおもな装置としては、人工透析装置が挙げられます。人工透析装置は、腎臓のかわりに血液を濾ろ過かして血液中の老廃物を取り除く装置です。人工透析を受ける人の数は多いため、人工透析装置は現代の病院には欠かせない医療機器です。心臓手術のときに患者の心臓と肺の機能を果たす人工心肺装置も、臨床工学技士が操作するおもな医療機器の1つです。その他、集中治療室で欠かせない人工呼吸器や心臓停止時に電気ショックを与える除細動装置なども臨床工学技士が操作します。夜間や緊急の仕事も多いため、体力を必要とします。

臨床工学技士になるためには、文部科学大臣または厚生労働大臣指定の大学や短大・専門学校を卒業し、国家試験に合格する必要があります。学校の入学試験は生物や化学など理系科目が中心です。

POINT

  • 人工透析装置などの医療機器を操作する
  • 指定の大学・短大・専門学校を卒業し、国家試験に合格する

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP