06-20.ブリーダー

自然・動植物に関わる仕事がしたい

ブリーダーは、ブリーディングの知識と技術を持つ専門家です。ブリーディングとは、品種の向上を目的に動物のメスとオスを交配させて子を産ませることをいいます。一般的には犬や猫のブリーダーが知られています。

ブリーダーは、体の大きさや毛並み・顔つき・性格などの特徴を見極め、オスとメスを組み合わせて、ペットとして価値が高いとされる子を産ませ、ペットショップや動物愛好家などにその子どもを販売します。繁殖の知識や技術に加え、動物の親子の健康管理に関わる獣医学の知識、犬や猫の血統・品種の知識などが必要です。

ブリーダーに資格は必要ありません。すぐれたブリーダーのもとに弟子入りするか、ブリーディングを行っている会社で働き、知識と技術を学びます。動物卸売会社などでブリーダーとしての経験を積み、独立する人もいます。ドッグショーやキャットショーに足を運び、ペットとして好まれる犬や猫を見る目を養うとよいでしょう。独立してブリーダー業を営む場合は、動物取扱業登録が必要です。

POINT

  • 動物の品種の向上を目的に交配を行う仕事
  • ショーを見学して感性を養う
  • 弟子入りか、ブリーディング会社で経験を積む

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP