06-21.競走馬の調教師

自然・動植物に関わる仕事がしたい

競馬で走る競走馬を馬主(馬の持ち主)から預かり、訓練する仕事です。さらに馬の世話をする厩きゅうむ務員や馬に乗る騎手を雇い入れ、自分の厩舎を運営することにも携わります。

調教師の使命は、預かっている競走馬をレースで勝たせることです。馬の体調を見ながら、エサの飼い葉の質や量・運動量・トレーニング内容などを管理し、強い競走馬に鍛え上げます。

牧場や馬のせり4 4 を回って、競走馬として素質のある幼い馬を見出して馬主に紹介し、その馬を競走馬に育て上げることも大切な仕事です。

多くの場場合、厩務員や騎手の経験者が調教師になります。中央競馬の調教師の場合は、中央競馬の厩務員や騎手・調教助手などが日本調教師会が行う調教師試験に合格し、調教師となります。地方競馬の場合は、騎手や厩務員の経験者が地方競馬全国協会(NAR)の調教師試験に合格し、地方競馬の調教師となります。合格後は、馬主との預託契約・騎手や厩務員の雇用などを行い、自分の厩舎を開業します。

POINT

  • 競走馬を育てる厩舎の経営者
  • 騎手や厩務員の経験者が調教師になる
  • JRAかNARの試験に合格する

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP