01-22.診療放射線技師

人の役に立つ仕事がしたい

病院などでレントゲン撮影などのための診療放射線機器を操作する仕事です。

診療放射線機器には、「レントゲン」と呼ばれて知られているエックス線検査装置の他に、エックス線を照射して断層画像を得るCT検査装置、体内に入れた薬から放射線を検出して臓器の状態を画像にするアイソトープ検査装置などがあります。

また、画像診断のための装置の他に、異常のある部位に放射線を照射して治療を行う、治療目的の装置もあります。

診療放射線技師は、診療放射線機器を操作して医師の診断や治療をサポートします。また、装置の点検・保守や、医師や看護師が放射線による健康被害を受けないように管理することも、診療放射線技師の仕事です。

診療放射線技師になるためには、文部科学大臣または厚生労働大臣指定の大学・短大・専門学校を卒業し、診療放射線技師の国家試験に合格する必要があります。合格後は、病院や診療所に就職します。

POINT

  • エックス線検査装置などを操作する仕事
  • 指定の大学・短大・専門学校を卒業し、診療放射線技師の国家試験に合格する

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP