06-34.ガーデンデザイナー

自然・動植物に関わる仕事がしたい

庭のデザイン・設計をする仕事です。個人宅の庭に加え、公園や庭園などの空間も手がけます。庭のどこに、どのような植物や石や水の流れを配置するのか、給排水の設備をどこに設置するかなどを考えます。

まず依頼主のイメージや予算を聞き、庭を造る場所を実際に見て歩き、土地の広さや状態を確認します。次に、デザインをイメージ画と設計図に起こし、依頼主に確認します。デザインが固まると、造園業者に発注し、庭づくりを開始します。実際に植物を植えたり、石をおいたり、給排水設備を取りつけたりするのは造園業者が担当します。ガーデンデザイナーは、造園作業が設計図どおりに進んでいるかを確認し、依頼主と造園業者とのコミュニケーションの仲介役となります。

ガーデンデザイナーになるためには、大学の造園・園芸系、土木・建築系の学科を目指すとよいでしょう。卒業後は、庭園設計事務所や造園施工会社・建設会社の造園部門などに就職し、経験を積みます。ガーデンデザインに関連する国家資格には、造園施工管理技士や造園技能士があります。

POINT

  • 大学の造園・園芸系、土木・建築系の学科に進む
  • 庭園設計事務所・造園施工会社などに就職する
  • 取得すると有利な資格・免許あり

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP