06-37.グリーンコーディネーター

自然・動植物に関わる仕事がしたい

観葉植物を使ってホテルやイベント会場・オフィス・商業施設・個人宅などの屋内空間を演出します。

依頼主と打ち合わせをし、依頼主のイメージや予算に合わせて植物を選び、園芸店に注文します。演出の当日は、自ら植物の鉢を運んで配置していくため、体力も使います。

グリーンコーディネーターとして活躍するためには、観葉植物の種類や育て方、インテリアとエクステリア照明の使い方などに関する広範な知識が必要です。また、依頼主の要望を的確にくみ取るコミュニケーション能力と、美しい演出プランを考え出すセンスが求められます。

グリーンコーディネーターになるためには、大学の園芸学科で専門知識を学ぶとよいでしょう。グリーンコーディネーターを養成する専門学校もあります。国家資格の園芸装飾技能士を取得するのもよいでしょう。

卒業後は園芸店や植物リース会社・フラワーショップなどで働き、経験を積みます。その後、実力のあるグリーンコーディネーターは独立して活躍します。

POINT

  • 観葉植物を使って屋内空間を演出する
  • 園芸店や植物リース会社などで経験を積む
  • 取得すると有利な資格・免許あり

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP