06-40.植物園職員

自然・動植物に関わる仕事がしたい

植物の栽培・管理の他にも施設の維持管理・広報・事務などの仕事があります。

近年では、それぞれの植物園が独自性を競っており、熱帯植物を売りにするところ・ハーブ植物を取りそろえるところ・昆虫と植物の共生を展示するところなどがあります。

公立の植物園の職員は公務員ですから、地方公務員試験に合格し、植物園に配属される必要があります。一方で、民間企業が経営している植物園には、採用試験に合格して就職します。民間の植物園の場合は、栽培した花や草木を販売していることが多いため、販売業務もあります。

植物の栽培・管理の仕事を担当する職員には、それぞれの植物園が売りにする植物の特色に応じた専門知識が求められます。そのため、植物の栽培・管理の仕事に就くためには、学芸員やビオトープ管理士の資格があると有利です。

大学の農学部や園芸学部に進学し、植物の生態を専門的に学んでおくとよいでしょう。また、就職課などで実際に植物園職員として就職した人の情報を収集することも大切です。

POINT

  • 植物の栽培・管理・広報・事務などを行う
  • 植物の特色に応じた専門知識が求められる
  • 取得すると有利な資格・免許あり

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP