06-41.アクティブ・レンジャー

自然・動植物に関わる仕事がしたい

環境省の自然保護官の補佐役として、国立公園などの保護管理・利用者に対する指導・自然解説などを行う仕事です。

自然保護官は、許認可事務などの仕事があり、自然保護地域の現場を常に管理していることができません。そのため、アクティブ・レンジャーが自然保護官の補佐役として自然保護地域のパトロールや希少野生生物の調査などにあたっています。

アクティブ・レンジャーは、自然保護地域にある自然保護官事務所などに勤務します。担当する仕事には、パトロールの他にも、怪我や病気をしている野生動物の保護・国立公園内での交通事故の予防対策・自然と触れ合う行事の企画および実施・NPOや研究者との連絡調整などがあります。

アクティブ・レンジャーは、環境省所属の非常勤の国家公務員です。1年ごとの契約雇用で、再雇用期間の上限があり、給与は日額が1万円弱といわれています。詳しい活動情報は環境省のホームページで閲覧することができます。チェックしておきましょう。

POINT

  • 自然保護官の補佐役
  • 自然保護官事務所に勤務する非常勤公務員
  • 1年ごとの契約で、再雇用期間に上限あり

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP