06-44.植物学者

自然・動植物に関わる仕事がしたい

大学に教授や准教授として所属したり、民間の研究所に勤めながら、植物学の研究に従事しています

植物学は植物を対象とする生物学の1つの分野ですが、一口に植物学といっても、様々な分野があります。例えば、植物分類学では植物の新種の発見などに努めますが、植物地理学では地域ごとの植物の分布などを研究します。この他にも、植物形態学・植物発生学・植物生理学・植物生態学などの分野があります。また、シダ学・コケ類学・藻類学・樹木学など、研究対象とする生物ごとにも分けられます。植物学では各分野が互いに深く関連しているため、植物学者は自分の中心分野を研究しながら、他の分野にも通じていなければなりません。

植物学者になるためには、大学の理学部や農学部などにある植物学科に進学し、研究したい分野を決めて大学院に進み、修士号・博士号を取得する必要があります。その後、大学や研究所に就職先を探します。人類よりもはるかに長い歴史を持つ植物に関する知識を蓄積し、研究していく、一見地味ながらも壮大な仕事といえるでしょう。

POINT

  • 大学や民間の研究所で植物学を研究する
  • 大学の理学部や農学部などの植物学科に進学する
  • 自分の中心分野以外にも通じる必要がある

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP