介護福祉士

生活の不自由をサポートし、自立を支援する仕事

介護・福祉に関する仕事

こんな人に
オススメ!
  • 相手の立場で物事を考えられる人
  • 冷静に物事を判断できる人
  • 人を楽しませることが好きな人

1.介護福祉士の仕事とは?

介護福祉士とは、身体的・精神的な障がいで日常生活に支障をきたしている人のサポートをする仕事です。食事や排泄・入浴・衣服着脱や買い物など、そのサポートは生活全般に及びます。活動場所は、特別養護老人ホーム・介護老人保健施設などの介護福祉施設の他、在宅介護サービスとして、自宅で暮らしている人を訪問してサポートするデイケアを行うパターンもあります。

介護福祉施設で働く場合は、多くの利用者のサポートをするため、個人間で偏りがないように注意する必要があります。また、利用者によって障がいのレベルは違うので、誰がどの程度の介助を必要としているか把握しつつ、自立の妨げにならないように介護のバランスを考えることも重要です。経験や技術によってスタッフ間でも能力差が現れますが、細かなミーティングで情報を共有し、チーム体制で利用者をサポートしていきます。

勤務形態は様々ですが、入所施設の場合は夜勤もあり、 24 時間体制で利用者を支えるのが一般的です。

2.介護福祉士の役割・資質とは?

医師や看護師が「治療」に重点をおく仕事だとすると、介護福祉士は障がいと共に生きていくことをサポートする「介助」が業務の中心です。料理・掃除・洗濯といった基本的な家事業務はもちろん、快適な入浴準備や食事のペース、興味のある話題など、利用者に応じてより快適なサービスを提供することが求められます。ただ、あくまで介助であることを忘れず、利用者の自立を支援できるように感情に流されず冷静に判断する力も求められます。

利用者の健康管理も重要な業務の1つです。食欲や顔色、体温や脈拍のチェックは欠かせません。メモ帳を持ち歩いているスタッフも多いです。

また、利用者が楽しく過ごせるようにレクリエーションを提供することもあります。手芸やカラオケ大会など、どうすれば利用者がいきいきとした時間を過ごせるかを常に考えながら業務を進めます。人を楽しませることが好きな人にとっても、やりがいを感じられる仕事といえそうです。

3.介護福祉士になるためには?

介護福祉士になる介護福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」という法律にもとづいて受験資格が設定されている国家資格です。2015年度試験より何らかの養成施設の教育課程を修了しなければ、試験を受験することができなくなります。2012年度以降に養成施設に入学した者、実務経験を積む者のほとんどにこの新制度が適用されることになります。資格を持たずに介助を行う人もいますが、基本的には資格保有者か、資格取得を前提として実務経験を積む人以外、採用を見送る介護福祉施設が大半です。

資格取得には様々な方法がありますが、おもな方法としては2つがあります。1つは養成施設(福祉系大学・短大・専門学校)で 2 年以上の教育課程を経て、国家試験を受験する方法です。もう1つは、 3 年以上の実務経験を積み、さらに養成施設で 6 カ月以上の課程を経て、国家試験を受験する方法です。施設で働きながら、通信制や夜間コースで課程を修了して資格取得を目指す人は後者になります。

また、実務経験 3 年の内訳は、540日以上の介護業務の従事であり、対象施設も介護保険法などにより認可されている機関にのみ該当したりと、条件は厳しく設定されています。事前に認められるかどうか把握しておくことが重要です。ためには

POINT

  • 日常生活に支障をきたす人の サポートを行う
  • 「 介助」するという意識が前提 となる
  • 働きながら資格取得を目指せる

関連情報

社会福祉振興・試験センター HP 

資格取得のルート図や過去の試験問題 をチェックできる。出題基準や合格基準 も掲載されている

合格率:64.4%(第25回・2013年)

オススメの1冊

『ヘルプマン!』

(くさか里樹著/講談社)

老人ホームで働く青年を主人公とした 漫画。介護現場のイメージを把握してお く参考材料になる。推薦図書に指定して いる福祉系学校も多い

2015年度の制度改正までの経過 措置もあるなど、資格取得のルート は様々。新旧制度の違いに注意!

INTERVIEW

現役の介護福祉士に聞きました

社会福祉法人アゼリヤ会 特別養護老人ホーム あかね苑

大住 優さん

PROFILE

おおすみ まさる
帝京福祉専門学校 保育科卒業

 特別養護老人ホームで働く介護福祉士の大住さんは、誰かの助けになりたいと思ってこの仕事を選んだそうです。施設の入所者にほとんど笑顔を絶やすことのない大住さんも、厳しい表情を見せることがあります。
 その理由とは?

1

お仕事の内容は?

 業務の内容は、利用者の方が何らかの生活のしにくさがあって日常生活で困っているところを手助けする仕事です。入浴や食事、排泄など基本的な身辺介助はもちろん、本を読みたくても指が動かない場合には手を添えるといった、細かい動作についてもサポートをしています。
 とはいえ、何かを一方的に援助するわけではなく、まずはその人が快適と思えることは何かを尋ねることが大切です。入浴温度や好きな話題など、こちらがいきなり手助けするのではなく、「教えてもらうこと」が最初の仕事です。
 忘れてはならないのは、「便利」を提供するのではなく、「支援」するのが仕事だということです。自分でできることは自分の手で行ってもらいます。つらさを感じることもありますが、気に入られようとして何もかも手伝うと、その人の生活意欲や自尊心を奪うことにもなります。また、チームプレーを乱すことにもなります。
 私は以前、ある利用者さんの要望をすべて聞いてしまって、他のスタッフとの足並みを崩してしまったことがありました。その際には「大住さんなら言うことを聞いてくれたのに」となって、私だけが呼ばれ続けることになりましたね。
 チームプレーに関しては、毎日ミーティングを行い、施設内の問題や伝達事項を全員で共有します。例えば、なかなか食事を口にしてくれない方は、献立だけでなく、食事のスピードはどうか、食事中にどんな会話をすれば機嫌よく食べてくれるかなどの成功事例を全員で共有します。

2

このお仕事の醍醐味は?

 入所する方の大半が高齢者です。ここを終ついの住み処かとして選んでくださる方、ここで亡くなる方もいます。我々は1日1日を大切に、利用者の方が楽しく過ごせるようなサポートを目指しています。
 よく寝る、よく食べる、そして何より心地よく笑顔をこぼしながら過ごす。やりがいを感じるのは、利用者の方がそういう状態で生活しているときですね。

3

介護福祉士を目指す人にアドバイス

 介護施設では介護福祉士の資格がなくては働けない、という法律はありません。ただ、介護福祉施設は勉強中も含めて、資格取得を採用条件にしているところも少なくないようです。実際の現場でも、医療や介護に関する基礎知識があると、例えば寝床の体位変換について「なぜその必要があるのか」ということがわかります。それなりの試験勉強は必要ですが、現場でのノウハウの吸収力も変わってくるので、資格取得は強くおすすめします。
 もちろん、資格を取得したからといって、それでゴールではありません。利用者の方は人間です。それぞれ性格や嗜好、喜怒哀楽の波長も違います。介護の現場で働いてもう10年以上になりますが、今でも「この方はこういうことが気になるのか」と学ぶことが多いですね。

ある日の大住さん

  

9:00

朝礼。シフト交代。利用者の夜間の変調などについて情報共有

9:30

ベッドまわりの整備

10:00

共同スペースでのティータイムの介助。排泄介助やおむつの交換など

12:00

昼食の介助。後片づけ

13:00

休憩

14:00

利用者のレクリエーション(カラオケ・体操・習字など)

15:00

おやつ・排泄介助

17:00

夜勤スタッフに情報伝達

介護・福祉に関する仕事一覧に戻る

PAGETOP