06-50.民間気象会社社員

自然・動植物に関わる仕事がしたい

気象庁の気象データを参考に、より具体的な気象予報を作成し、その情報を販売する仕事です。

スーパーやデパートなどの流通産業では、天気によって顧客数が変わるため、販売予測を立てるためには気象予報の情報が欠かせません。また、建設業でも、建設工事の進行管理と安全管理のために気象情報を活用します。その他にも、農業や漁業・観光業・運輸業など、様々な業種が詳細な気象予測情報を必要としています。

民間気象会社の役割は、気象データを契約企業の企業活動に役立つように加工して販売することです。

民間気象会社の社員は、気象庁のデータを企業の使用目的に合わせて分析・加工し、企業がすぐに使えるデータを作成します。社員の仕事には、気象情報の作成以外にも、企業に対する営業や人事などの管理業務もあります。

この仕事に就くためには、短大・大学を卒業後、民間気象会社に就職する必要があります。気象予報士の資格を取得していると有利です。

POINT

  • 企業の使用目的に合わせて気象情報を加工する
  • 気象庁の気象データを分析・加工する
  • 取得すると有利な資格・免許あり

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP