06-53.地震学者

自然・動植物に関わる仕事がしたい

地震発生の仕組み・地震予知の技術・地震が起きた際の被害予測や防災対策などを研究する仕事です。地震学の研究は、おもに大学や政府機関が主導しているため、地震学者は大学や政府機関に所属して研究を行っています。

地震学の中には、地震発生のより正確な予測を目指す地震予知・地震発生のメカニズムを解明する地震物理・地震を引き起こす地殻変動とプレート運動などの研究分野があります。地震学者は、それぞれの専門分野で研究を深め、その成果を学会や論文で発表し、他分野の研究者と協力しながら、地震による被害を最小限にくい止めるための対策を練っています。近年では、過去の地震被害を研究する歴史学や地震に強い街づくりを考える都市工学・地震発生時の法律運用を考える法学など、他学問分野との連携も進んでいます。

地震学者になるためには、理学部や理工学部などに地震学関連の研究室がある大学に進学し、地震学を専門的に学びます。その後、自分の専門分野を絞り、大学院に進んで修士号と博士号を取得したあと、大学や政府の研究機関で働きます。

POINT

  • 地震予知・地震の被害予測や防災対策などを研究
  • 地震学関連の研究室がある大学に進学する
  • 修士号・博士号を取得し、大学や研究機関で働く

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP