06-59.環境コンサルタント

自然・動植物に関わる仕事がしたい

環境コンサルティング会社に勤務し、自治体や企業からの依頼で、環境保全に関する調査やシミュレーションを行う仕事です。地域開発における環境コンサルティングでは、環境アセスメント調査員よりも幅広い仕事をこなします。例えば、自治体が環境政策を立案するときや、企業が環境アセスメントの方法を検討するときにも、環境コンサルタントが依頼を受けて、調査・企画・事業管理などを行っています。さらに、企業の環境報告書の作成や、環境保全にかかるコスト算出なども行います。

その他にも、工場において環境にやさしい製造工程を管理する環境コンサルタントや、企業の環境法規制の遵守をサポートするコンサルタント・廃棄物削減活動や地球温暖化対策を支援するコンサルタントもいます。環境への意識の高まりから、今後さらに必要とされる職種でしょう。

環境コンサルタントになるためには、大学の生物工学科や環境学科などに進み、大学院で修士号を取得すると有利です。卒業後は、環境コンサルティング会社に就職します。

POINT

  • 環境保全に関する調査やシミュレーションを行う
  • 環境政策・温暖化対策など様々な分野がある
  • 環境分野の専攻で修士号を取得すると有利

自然・動植物に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP