07-09.フードコーディネーター

食に関わる仕事がしたい

食ビジネスの世界で、食に関する知識と調理の技術を活かして食の多様な分野を結びつける仕事です。活躍の場は、テレビや雑誌などのマスコミや広告業界になります。

多様な分野を総合的にコーディネートするため、仕事内容も多岐にわたります。例えば、料理雑誌や番組ではテーマに沿った料理とレシピを考案し、実際に料理も作ります。食べ歩きの企画内容の監修や、食に関する企画そのものの提案を求められることもあります。また、依頼を受けて、カフェのイメージに沿ったメニューとレシピを考えたり、コンビニエンスストアの季節フェアで提供する食品のアレンジを任されたりすることもあります。

基本的には依頼を受けての仕事になるため、独立して働くためには自分のできることをしっかりとアピールできる能力が必要です。調理師・ソムリエなど食関連の資格も役立つでしょう。専門学校のフードコーディネーター養成コースで知識や技術を身につけるか、名のあるフードコーディネーターに弟子入りして経験を積み、人脈を広げることも多いです。

POINT

  • 食についての知識と技術を活かす
  • 創造力とセンス・オリジナリティが求められる
  • 取得すると有利な資格・免許あり

食に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP