07-11.クッキングアドバイザー

食に関わる仕事がしたい

食品や調理器具の販売促進のために、調理法のアドバイスなどを行う仕事です。

具体的には、食品メーカーが主催する料理講習会で、そのメーカーの商品を使った料理を教えることや、調理器具メーカーのイベントでの調理体験を通して、商品のすぐれた点を顧客に伝えることなどが挙げられます。また、大手のスーパーの中には、顧客サービスの一環としてクッキングアドバイザーをおき、店頭で調理や栄養に関するアドバイスを行っているところもあります。企業を代表して、実際に顧客と触れ合いながら食の世界を広げる仕事ですので、料理技術や栄養の知識と共に接客スキルも必要です。また、いかにして自社の商品を売り込むかが問われる仕事でもあります。

クッキングアドバイザーになるためには、専門学校などで調理と栄養について学び、食品メーカーや調理器具メーカーに就職する必要があります。調理師や栄養についてのアドバイスができる管理栄養士の資格を持っていると強みになるでしょう。

POINT

  • 企業や商品の顔として販売促進活動をする
  • 顧客に対して調理の指導やアドバイスを行う
  • 取得すると有利な資格・免許あり

食に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP