07-17.ショコラティエ

食に関わる仕事がしたい

チョコレートを使ってお菓子やデザートを作る仕事です。

チョコレートの加工は、原料のチョコレートにクリームや酒などを配合して味と質感を調整し、トッピングやフィリング(詰め物)を工夫して美しく造形する作業です。チョコレートは繊細な温度・湿度の管理が必要なため、加工には高度な技術が求められます。

日本でもチョコレート専門店は徐々に増えてきていますが、洋菓子店やレストランなどでは、パティシエがチョコレートも含めたお菓子づくり全般を担当していることがほとんどです。ショコラティエになるためには、製菓専門学校などで洋菓子全般の知識と技術を学び、洋菓子店などで働きながら経験を積む必要があります。その後、専門店への就職を目指すか独立して開業するかのどちらかを選択するのが一般的です。また、チョコレートの文化と歴史を持つフランスやベルギーなどの製菓学校に留学し、本場のショコラトリー(チョコレート専門店)でスタージュ(実務研修)を経験するのもスキルアップにつながるでしょう。

POINT

  • 繊細で高度な技術が必要なチョコレート加工の仕事
  • 製菓全般を学び、製菓の現場に入って経験を積む
  • 本場フランスやベルギーに留学する道もある

食に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP