07-20.カフェオーナー

食に関わる仕事がしたい

自分でカフェを経営する仕事です。オーナーが自分で切り盛りするケースと、フランチャイズ経営に携わって店舗や資金を提供するケースがあります。

カフェをオープンするためには、店のコンセプトを決め、資金や店舗・機材を確保しなければなりません。メニューの決定やスタッフの募集なども必要ですし、接客サービスや経理の知識も不可欠です。これらの知識を学ぶためには、スクールに通ったり、カフェプランナーに相談したりする方法があります。毎年多くのカフェが開店しますが、一方で閉店も多いのが現実です。運営を続けるためには、店の特徴となるコンセプトや、ターゲットとなる来客層とそのニーズを見定めたサービスを日々提供していくことが必要でしょう。

開業にあたっては保健所の営業許可が必要ですが、許可を得るためには、1つの店舗に食品衛生責任者の資格を持つ人がいることが必須条件となります。栄養士・調理師・製菓衛生師などの資格を持っているか、または食品衛生協会が行う講習を受けることで食品衛生責任者として認められます。

POINT

  • 開業またはフランチャイズ店のオーナーとなる
  • 必要な知識はスクールなどで学ぶことができる
  • 開業には食品衛生責任者の資格を持つ人が必要

食に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP