07-22.バリスタ

食に関わる仕事がしたい

おいしいコーヒーをいれる仕事です。もともとはイタリア語で、昼はコーヒー、夜はお酒を提供する店で働く人のことを指す言葉です。エスプレッソをはじめ、カプチーノやカフェラテなどを作ります。最近では、コーヒーの表面に描く華麗なラテ・アートもよく知られています。

バリスタの技術が求められるのは、カフェやレストランですが、独立開業するという選択肢もあります。オーナーバリスタの店では、こだわりのコーヒー豆の仕入れ・焙煎の工夫などでコーヒー好きの客を惹きつけることができるでしょう。フードやスイーツなどのメニューを加えることで、他の店との差別化を図ることもできます。

バリスタになるために必要なのは、コーヒーに関する専門知識をはじめ、抽出法や機械の操作、接客サービスなどです。技術はスクールや講座で学べますが、調理師・製菓専門学校へ通えば、より幅広く料理やお菓子についても学べるでしょう。飲食店で働いて経験を積み、サービスの実際を学ぶとよいでしょう。1

POINT

  • おいしいコーヒーをいれる技術を持つ人
  • カフェやレストランで働くか、自分の店を持つ
  • スクールなどで学び、飲食店で経験を積む

食に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP