07-24.板前

食に関わる仕事がしたい

日本料理の調理を行う仕事です。料亭・割かっ烹ぽう・旅館・専門料理店などで働きますが、懐石(会席)・割烹・精進・天ぷら・うなぎ・郷土料理など料理ジャンルによって異なります。

板前になるためには、料亭などで修業を積み、一人前になって支店を任されるか、または独立して自分の店を持つという道があります。

修業は、見習いとしての下働きから始まるところがほとんどで、住み込みで働くこともあります。店によりますが、最初は調理器具の準備や洗い場・まかないなどの雑用をこなし、次いでご飯炊き・盛りつけ・揚げ物・焼き物・お造り・煮物とステップアップしていきます。煮物を任せられるようになれば一人前といえます。何年も大根の皮むきや鍋洗いを続けなければならないことに耐える力が求められます。なお、献立を決める板場(調理場)の責任者を花板といいます。

板前として働く人は、中学・高校を出て店に修業に入るケースが多いようですが、一方、調理師専門学校で基本的な知識と技術を学んだのち、店で修業をするケースもあります。

POINT

  • 料亭や旅館などで日本料理を作る
  • 修業を経て一人前になるまでは5~10年かかる
  • 独立して自分の店を持つ道もある

食に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP