07-27.そば職人

食に関わる仕事がしたい

おいしいそばを打つと共に、そば屋で出す天ぷらなどの料理を作る仕事です。そばの基本はそば粉と水ですが、少しの配合の違いで仕上がりには大きな差が出ます。毎日同じ良質のそばを打つためには、職人としての技と経験が必要です。

最近は、素人でも趣味としてそばを打つ人が少なくありません。打ち方についてはスクールや講座などで学ぶこともできますが、職人を目指すのであれば、有名そば屋などで修業を積むとよいでしょう。そばの打ち方はもちろん、有名店では秘伝とされるそばつゆの作り方や天ぷらをはじめとした料理の技術も身につけることができます。将来自分の店を持つことを目指すならば、経営のノウハウについても学ぶことができるでしょう。

そばの打ち方は、人によっては1年程度で身につけられるといいますが、店によって料理や経営に対するスタンスが違うので、開業したそば職人の中には複数のそば屋で修業を重ねた人も少なくありません。調理師や食品衛生責任者の資格があると、開業の際に役立つでしょう。

POINT

  • そばを打ち、天ぷらなどの料理を作る
  • そばの打ち方はスクールでも学ぶことができる
  • そば屋で修業をして習い覚えるのが近道

食に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP