07-28.食品移動販売業者

食に関わる仕事がしたい

ワゴンや屋台などで食品を販売する仕事です。店舗を構える必要がないため、資金が少なくても始めることができます。販売形態には、麺類やクレープのように調理して販売する場合と、菓子パンなど調理済みの商品を販売する場合があります。ワゴンを改造した車両・引き屋台・自転車など、なるべく目を引く形態にすると効果的です。

繁華街などに店舗を構えるためには多くの資金が必要ですが、店舗自体は別の場所に構え、営業活動の一環として人の集まる場所でお弁当やスイーツを販売し食べてもらうことで、集客が期待できます。また、移動販売で資金を貯めながらリピーターを獲得し、のちに店舗開業をする場合もあります。フランチャイズ形式で展開している業者もいます。

食品の移動販売を行う際には、地区を管轄する保健所に申請を行うと共に、食品衛生責任者の資格を取得しておく必要があります。なお、路上販売では道路交通法に抵触しないよう気をつけなければなりません。また、屋外で食品を取り扱うため、衛生管理には細心の注意を払う必要があります。

POINT

  • 店舗を構えず少ない資金で始められる
  • 集客率の高い場所でも営業可能
  • 開業には食品衛生責任者の資格を持つ人が必要

食に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP