07-29.食品開発技術者

食に関わる仕事がしたい

新しい食品やメニュー・飲料などを企画・開発する仕事です。品質の分析や、食品の生産に役立つ技術開発も行います。食品・飲料メーカーをはじめとして、飲食店チェーンやコンビニエンスストアの開発部門・公的な食品研究機関などに所属して働くのが一般的です。

コンビニエンスストアやファミリーレストランでは、毎月のように新しい食品やメニューが生まれています。新しい味やおいしさの向上・栄養や健康を考慮したアプローチ・消費者のニーズなど、様々な角度から立てられた企画を実現するために、試作と試食を繰り返して新しい商品が生まれます。

このような一連の流れの中で、食品開発技術者は、試作品で成分や食味などを分析し、安全性や品質などを検証します。

食品開発には、栄養学や衛生学・バイオテクノロジー・調理など様々な専門知識が必要です。食品開発技術者になるためには、大学や大学院・専門学校で農学や化学・栄養学などを学び、食品メーカーなどの開発・研究職に就職する必要があります。

POINT

  • 食品の開発・品質分析などを行う
  • 大学などでバイオや栄養学などの専門知識を学ぶ
  • 食品メーカーや飲食店・食品研究機関に就職する

食に関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP