01-30.校務員

人の役に立つ仕事がしたい

子どもたちが安全な学校生活を送れるように、学校内の設備や環境を整える仕事です。校務員が担当する仕事は多岐にわたります。

窓が閉まらない・鍵が壊れた・蛍光灯がつかない・手洗い場の排水溝が詰まったなど、建物内で不具合が生じた設備は、校務員が修理します。また、安全管理のための学校内の巡視も仕事の1つです。建物内に鋭利な物や滑りやすい場所がないかなど、子どもにとって危険なものや場所にも目を配り、発見したらすぐに改善します。

学校内に植えられている木や草花の剪せん定てい・草刈りも校務員が行います。教育の場にふさわしい環境をつくるのも仕事の1つです。運動会などの行事の前には、看板の製作やテントの設営などの準備も行います。

校務員になるためには、公立学校の場合は都道府県や市町村が実施している採用試験を受けます。私立学校の場合は学校が行っている求人に応募します。

POINT

  • 学校の設備や環境を整える仕事
  • 子どもたちの安全な学校生活を守る
  • 自治体や学校が行う採用試験を受ける

人の役に立つ仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP