08-08.車掌

乗り物やITに関わる仕事がしたい

列車に乗車し、運転士と協力して安全な運行を支える仕事です。

車掌の仕事の1つに車内放送があります。遅延情報や乗換案内の放送をする場合もあるため、他社の路線や駅名にも通じている必要があります。

空調の管理とドアの開閉も車掌の仕事です。特にラッシュ時や駆け込み乗車の際には、安全を確認してから発車指示を出します。

走行距離の長い路線などでは、車内で検札や精算も行います。トラブルの際には真っ先に対応し、乗客の安全を守ります。また、乗車している間は座ったりトイレに行ったりすることができないので、体調管理も重要です。

車掌になるためには、鉄道会社に入社後、駅員として数年の経験を積んだうえで、試験を受けて車掌になる道が一般的です。学歴は問われませんが、乗務員としての採用は工業・商業高校の卒業生が多い傾向にあります。また、信号確認作業があるため、色覚が正常であることが求められます。

POINT

  • 運転士と協力しながら安全な運行を支える
  • 乗客対応の窓口となる
  • 駅員として数年の経験が必要

乗り物やITに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP