08-09.鉄道指令員

乗り物やITに関わる仕事がしたい

列車が安全かつ時刻表どおりに運行できるよう管理する仕事です。事故や災害が発生したときには、各列車の運行状況・混雑状況・線路の状態・天候などの情報を分析して運転調整の指令を出し、ダイヤの正常化に努めます。

指令の仕事はいくつかの分野に分けられます。中でも運転(運輸)指令は、列車がダイヤどおりに走っているかを監視して運転を調整する中心的なセクションです。一方で旅客指令は、運行がストップした際に振替輸送の手配を行い、施設指令は、線路や踏切などの管理と復旧手配を担当します。

指令所では、常に運行状況や気象状況がリアルタイムでモニターに映し出されています。運転指令の仕事では、列車内で急病人が出たときは、運転士や駅員と無線で連絡を取って運行が続けられるかどうかを確認し、停車時間が長引くようであれば、前後の列車に運転調整の指令を出します。

指令員に選ばれるのは各分野のベテランと決まっており、運転指令であれば、駅員・乗務員の経験を積み、路線状況やダイヤの作成などに精通した者が選出されます。

POINT

  • 運転・旅客・電気・施設などの分野に分かれ、列車が安全にダイヤどおり走れるよう管理する
  • 各分野のベテランから選出される

乗り物やITに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP