08-11.鉄道車両整備士

乗り物やITに関わる仕事がしたい

鉄道の安全な運行を支えるために、鉄道車両の整備を行う仕事です。

車両整備には、数日に一度行う日常点検と、数年に一度行う大規模な定期点検があります。日常点検では、モーターやブレーキなどの主要なポイントの動作を確認し、故障などの異常があれば調整します。毎日の運行に必要なメンテナンスを行い、劣化を防ぐのが目的です。一方、定期点検は、自動車でいう車検のようなもので、車両を分解して部品を磨き直し、新車同様に生まれ変わらせる作業です。また、これら以外にも、車両故障やトラブル発生の際には修理点検を行います。

従来は、鉄道会社の中の一部門として車両整備を行う部署があるのが一般的でしたが、近年は鉄道車両の整備を専門とする別の会社に委託するところが増えています。

鉄道車両整備士になるためには、鉄道会社か専門の鉄道車両整備会社に就職する必要があります。必要な技術は、実際に仕事をしながら身につけていきます。

POINT

  • 鉄道車両の整備を行う
  • 鉄道会社か鉄道車両整備の会社に就職する
  • 経験を積みながら整備技術を身につけていく

乗り物やITに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP