08-17.トラック運転手

乗り物やITに関わる仕事がしたい

トラックで荷物を運搬する仕事で、航空機・船舶・鉄道と比較すると小回りが利いて安く運べる、日本の物流の主流となっています。

最も一般的なのは短距離(地場)輸送のトラックで、数多くの輸送会社があります。メーカーの商品をスーパーに届けるなどの目的で使用されます。食品輸送では衛生面にも注意が必要なため、消毒や温度管理などのルールが細かく決められていることもあります。

長距離トラックでは、複数の荷主の依頼を受けて各地を移動するチャーター便がよく利用されます。例えば、往路ではA社の荷物を東京から大阪へ運び、復路ではB社の荷物を大阪から東京へ、というような効率的な配送ができるからです。

トラック運転手になるためには、普通免許を取得して運送会社に就職するのが一般的です。必要に応じて中型免許・大型免許・積み込みに活躍するフォークリフトなどの免許を取得します。その他、引越業や建設業などでもトラック運転手の需要があります。

POINT

  • 日本では物流の主流として活躍
  • 自動車普通免許を取得して運送会社に就職する
  • トラック運転手としての人材の需要は幅広い

乗り物やITに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP