08-19.タクシー運転手

乗り物やITに関わる仕事がしたい

乗客を快適に目的地へ運ぶ仕事です。渋滞などの道路状況も考え合わせながら、指定場所まで最も早く到着できるルートを走る必要があるため、運転が好きで地理に明るいことが、この仕事に就くための強みになります。

勤務はシフト制で夜勤もあり、拘束時間は長くなります。また、気持ちよく乗車してもらうためには、洗車や車内清掃に常に気を配るなど、快適さの追求が大切です。

タクシー運転手として働くためには自動車の普通第二種免許が必要です。一般的には普通免許を取得してタクシー会社に就職し、採用後の研修で第二種免許を取得することが多いようです。給与形態には、会社によって月給制と歩合制があります。多くの乗客を得るためには、街と人の動きの特性を知って効率的に移動する必要があります。

また、独立して個人タクシーを開業する道もありますが、例えば35歳未満の場合、同一のタクシー事業者のもとで10年以上の乗務経験があることや、過去10年間無事故無違反であることなど、厳しい条件をクリアする必要があります。

POINT

  • 運転が好きで、地理や道路に詳しいと有利
  • 利用者に対するおもてなしの心が必要
  • 自動車の普通第二種免許が必要

乗り物やITに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP