08-20.自転車技士・自転車安全整備士

乗り物やITに関わる仕事がしたい

自転車の修理や整備・組み立てを行う仕事です。近年、環境と健康を配慮した交通手段として、自転車の人気が高まっていますが、一方で危険な運転や構造上不適格な自転車が問題となっており、安全走行のための指導をするのも重要な仕事の1つです。自転車技士・自転車安全整備士は自転車走行の安全を守る資格で、自転車販売店などで働くなら取得しておきたい資格です。資格試験を受験する条件は、18歳以上で、自転車整備などに関する2年以上の実務経験があることです。

自転車技士は、自転車の検査・整備・組み立ての技術検定に合格した人に与えられる称号です。学科試験と共に、新車の分解・組み立てなどの実技試験が課されます。

自転車安全整備士は、点検・整備を行う他、自転車が法令に定める安全な自転車であることを確認し(その証としてTSマーク〈傷害保険・賠償責任保険付〉を貼付)、自転車利用者に交通ルールや正しい乗り方などを指導します。試験は学科・実技・面接の3科目で、点検・整備の知識・技術と共に自転車の安全利用に関する知識と指導能力が問われます。

POINT

  • 自転車技士は自転車の組み立て・検査・整備を行う
  • 自転車安全整備士は点検と整備の他、自転車利用の安全指導を行う

乗り物やITに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP