建築士

依頼主の要望を聞いて住宅やビルなどを設計する仕事

インテリア、建築に関する仕事

こんな人に
オススメ!
  • 間取りなど建物の設計に興味がある人
  • 根気強く研究や作業に取り組める人
  • 緻密な作業が得意な人

1.建築士の仕事とは?

建築士の仕事は、ビル・マンション・戸建て住宅などを建てるための設計図を作成することです。

建築物には高さ・面積・容積など多くの基準が法律で定められているため、その基準に沿って設計しなければなりません。さらに、耐震性・耐火性・防音性に加え、最近では省エネルギーも考慮する必要があります。そのうえで、デザインの観点から使い勝手や快適さを考えます。

設計は、全体をまとめる建築士、耐震性をチェックする構造建築士、水道・電気・換気システムなどを設計する設備建築士、庭や植栽のデザイナー、家具デザイナー、インテリアコーディネーター、照明デザイナーらのチームワークで進めます。

設計を終えると、その図面をもとに建設業者が工事を始めます。建築士は、工事費用が適切な金額かどうかのチェックはもちろん、図面どおりに工事が進んでいるか、図面に不具合がなかったか、指定した材料が使われているかなど、定期的に建築現場へ足を運んで確認します。建築士には、依頼主の夢や希望を反映した図面と莫大な工事資金が託されています。希望と違った建物ができたのでは依頼主は納得できません。その依頼に応えるために負う責任はとても大きいのです。

扱う物件は、新築だけでなく、リフォームや耐震補強工事なども多くあります。図面と違う構造や老朽化の激しい物件、狭い工事スペースなど問題を抱えた建物の場合もありますが、それらの問題を1つひとつクリアしながら依頼主の要望をできるだけかなえることが大切です。

2.建築士の役割・資質とは?

建築士に求められるのは、第一に建築基準法をはじめとする関係法令を熟知し、法に則った建物を設計することです。法令の文章には独特の表現があるので、最初はわかりにくいかもしれませんが、読み慣れてくると理解が進み、仕事がスムーズにできるようになります。

第二に、頑丈で安全な建物を設計することです。最低限の安全基準は決まっていますが、日々技術も理論も進歩しているため、その変化に対応しなければなりません。構造計算では緻密な計算が必要です。新しい技術や材料の情報収集力も必要で、様々な建物の特性を知っていることも求められます。こうした点から考えると、研究熱心であることや、情報収集力の高さは建築士にとって重要な素養といえるでしょう。

一方で、依頼主の希望や予算にも配慮しなければいけません。依頼主の要望を引き出す会話力や満足させるためのアイディアを考案できることと、厳しい予算の中で工夫を重ねる創造力や業者へ依頼する際の交渉力なども大事です。依頼主の要望は、落ち着ける家・斬新な建物・実用的な間取りなど多種多様です。豊富なアイディアで柔軟に対応できる能力が望まれます。

3.建築士になるためには?

2008年の建築基準法改正で、工事管理や顧客への説明などは建築士の資格を持った人でなければできなくなりました。そのため、まずは二級建築士の資格を取得し、数年間実務経験を積みながら一級建築士を目指しましょう

まずは建築関連の法律や構造計算、建築計画などの指定科目を学べる大学や専門学校へ進みましょう。必要な実務経験の年数は、取得した単位数やその後の経験内容などによって細かく決まっています。建築技術教育普及センターのホームページなどで確認するとよいでしょう。

また二級建築士資格は、学校を卒業することで受験資格が満たされるため、就職後の受験となります。

POINT

  • ビルから戸建て住宅まで、様々な建物を設計する
  • 工事の進捗も確認しながら設計図どおりの完成を目指す
  • 二級建築士を取得後、実務経験を経て一級建築士を目指す

関連情報

建築技術教育普及センター HP

建築士制度についての概要や資格試験について掲載している

合格率(二級・総合):23.1%(2012年)

オススメの1冊

『建築を知る――はじめての建築学』

(建築学教育研究会編集/鹿島出版会)

高校から大学生向けの建築入門書。建築学の概要から建築用語・学習アドバイスなど、初心者向けの建築本

依頼は全国各地から。南国の町やのどかな里山に自分のデザインした家が建つかも!

INTERVIEW

現役の一級建築士に聞きました

一級建築士事務所

寺澤 秀忠さん

PROFILE

てらさわ ひでただ
中央工学校 建築設計学科卒業

模型や絵が大好きで、住宅広告の間取り図を見ながら「自分だったらこうする」と子どもながらにアイディアをひねりながらペン入れをしていた、という寺澤さん。
 一級建築士として独立・開業している寺澤さんに、建築士の仕事についてうかがいました。

1

お仕事の内容は?

私の仕事は、依頼者から希望する建物についての要望をうかがい、それが実現するよう最大限の努力を傾けて建物を設計すること、建築基準法などにもとづく手続を行い、建築工事を監理することです。
依頼者の要望は漠然としていたり、予算の見込みがズレていたりする場合がよくあります。それを土台に、いかに要望を満たし、予算内に収まる建物とするか……暗中模索しながら設計のアイディアをひねり出す作業が多くあります。外観デザインや内部空間のデザインと共に、使い勝手を良くするためにはどうすればよいのかと考え、依頼者に満足していただけるよう工夫します。
設計作業は、依頼者との打ち合わせはもちろん、強度計算などを受け持つ構造建築士や電気・水道などを担当する設備設計士と話し合いを重ね、安全な構造や適切な配管を検討しながら進めます。そのため、建築材料に関する調べ物や強度計算など、1日の大半がデスクワークとなる場合もあります。
 また、建築現場での打ち合わせでは、職人の作業を観察し会話を重ねる中で、新しいアイディアが生まれることがよくあります。考えたこともなかった空間の使い方を学ぶこともできます。こうしたことは1人では決して身につかないものばかりです。現場での立ち会いは、とても魅力的な時間なのです。こうして、日々生活を重ねていける「安心できる建物」「快適な空間」を創造するのが、私たちの仕事だと思います。

2

このお仕事の醍醐味は?

 完成した建物を見て、「良い建物だね」と喜んでもらえるのはもちろん、入居後数カ月経ってから住み心地や使い勝手の良さを褒めていただけると、心底ホッとします。
 私は依頼者の要望・家族構成・間取りの使い方などを考え、窓を作る場所1つにも気を配って設計しています。そこを「よさ」として実感してもらえるのが何より嬉しいのです。
 私が手がけた建物は様々な場所に点在していますが、ある地域内で手がけた建物が増えれば、いつかその地域は“私が手がけた街並み”になります。街並みを作る、という広がりがある仕事であることも建築士の醍醐味だと思います。

3

一級建築士を目指す人にアドバイス

 表現力・伝える力が重要です。すぐれたアイディアやデザインでも、説明の文章が相手に伝わらなければ仕事へつながりません。人を惹きつける表現力を身につけてください。
 また、依頼者の要望を正確に把握するために、会話力や観察力を含めたコミュニケーション力を高めることが大切です。
 アイディアのストックも大切です。興味のある建物や工夫を凝らした作品を見つけたら、どんどん観察して写真やスケッチなどに記録しておくと実践で役立ちます。街並みを観察し、展示場・内覧会・作品展へも積極的に出かけましょう。芸術作品も発想を広げ、表現力を豊かにしてくれます。

ある日の寺澤さん

  

9:00

事務所へ。メールチェックや電話での打ち合わせなど

10:00

工事現場へ出発。現場で建築会社など工事関係者との打ち合わせ。進捗確認などを行う

12:00

昼食時間

13:00

デスクワーク。打ち合わせ時のメモや依頼者の要望書などを参考に図面を引く時間

15:20

小休憩

15:40

再び設計作業。問い合わせや連絡の電話・メールにも対応

18:00

夕食

20:00

新規案件の設計プラン作成。図面の校正。終わり次第、終業

インテリア、建築に関する仕事一覧に戻る

PAGETOP