09-14.ストアプランナー

ものづくりに関わる仕事がしたい

ショッピングモールなどの商業施設を企画立案する仕事で、「商業施設士」とも呼ばれています。商業施設を立ち上げるエリアの住民の購買動向や景観を考えながら、店舗のデザインを企画します。

まずは、商業施設士の資格を取得することを目指します。大学や専門学校などを卒業したあとに、何年かの実務経験(商業施設に関わる仕事)を経た人や、建築士やインテリアプランナーなどの資格を持っている人は、受験資格が得られます。

実務経験については、店舗の立ち上げをしている建設会社やディスプレイ会社・設計事務所・大手チェーン店の新規店舗の立ち上げ部門などに就職するのが一般的です。フリーランスでプロジェクトごとに仕事に携わる人もいます。

商業施設は、地域住民の生活に影響を与える重要な施設になります。店舗で扱う商品ラインナップやお店のデザインのことだけではなく、生活環境など地域全体への影響も考慮に入れなければいけません。幅広い視野で物事を考える習慣をつけておきましょう。

POINT

  • 商業施設の企画立案を行う
  • 商業施設士の資格取得を目標に実務経験を積む
  • 幅広い視野で仕事にあたることが重要

ものづくりに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP