09-18.自動車製造工

ものづくりに関わる仕事がしたい

自動車組み立て工場や部品工場で、機械化できない繊細な工程部分を人間の手によって扱う仕事です。

自動車製造工になるために、特に必要な資格はありませんが、工業系大学の機械科や自動車関連の専門学校などで基本的な知識を習得し、自動車製造会社に就職するのが一般的です。自動車全体の組み立てだけでなく、エンジンや変速機などの特殊なパーツを製作する専門工場で働く人もいます。

何万点にものぼる自動車のパーツはライン製造(ベルトコンベヤーなどに乗って流れてくる組み立て工程中の自動車に、部品の取りつけなど自分の担当する作業を加えていく製造方法)での組み立てが主流でしたが、セル方式(1人もしくは小人数のチームで完成品を製造する方式)を取り入れる工場も多くなりました。作業効率を考えながら、品質の良い製品づくりが求められるので、集中力を長時間持続できる資質が求められるでしょう。チームで作業することが多いため、協調性のある人材が求められます。現在は海外に工場がある場合も多いです。英語などの語学力があるとよいでしょう。

POINT

  • 自動車が好きな人
  • 集中力を長時間持続できる資質が求められる
  • 海外の工場勤務の場合は語学力も必要となる

ものづくりに関わる仕事がしたい一覧に戻る

PAGETOP